古物商に該当する営業を行う計画を立てても、忙しくてなかなか資格手続きをする時間がないという場合も、通常の仕事を持っている方であれば、充分にあり得ます。
そもそもの手続きが煩雑な上に、あちこちから申請書や各種証明書類を取り寄せる必要もありますし、また申請先の警察署では平日日中しか受け付けをしてくれないのですから、他の仕事で警察署まで行けないという人は多数いるでしょう。
このように時間が無い人には、行政書士に手続きを依頼するのをおすすめします。

古物商の資格取得する時間が無い時はどうする?

古物商の資格取得する時間が無い時はどうする? 古物商を商う計画があれば、必ず許可が必要になります。無許可の場合には、懲役や罰金などの刑にとわれますので、許可を取得してから営業しなければいけません。また、既に資格を持っている人から名義を借りる行為も禁止されており、これも罰則の対象となりますので、古物商の営業資格の取得には抜け道はない、という事は事前にしっかり肝に銘じておきましょう。
こういう前提であっても、他の仕事が忙しくてなかなか手続きが出来ないという方も多いはずです。そういう時間が無い方には、各種手続きを代行してくれる行政書士に資格取得申請の手続き代行を依頼する事がおすすめです。
古物商を開くために警察署に提出する書類は多岐にわたり、また書類の内容も煩雑なので、初めて手続きを行う人には非常に面倒で間違いも多く、やり直しになれば時間のロスにもなります。行政書士ならそんな手間や時間の無駄がありませんので、効率的に古物商が開店できます。

古物商を行なうのに役立つ資格とは?

古物商を行なうのに役立つ資格とは? どんな古物を取り扱う古物商になるかによって役立つ資格は変わってきます。例えば、自動車を取り扱うのなら古物商許可だけではなく整備士の資格を取っておいたり、国からの許可を得た認証工場を構えれば商売の幅は広がるでしょう。認証工場があれば自動車の分解整備ができるので動かない自動車を修理して販売することができるようになります。
また、美術品や骨董品を取り扱うのでしたら学芸員だったり民間資格の美術鑑定士を取っておけば役に立つでしょう。ブランド品を扱いたいならブランド鑑定士を取るのもいいかもしれません。そういった証明書があると古物商として箔がつくので役立つ資格といえるでしょう。
ですが、古物商で儲けるのに最も必要なのは商品価値が分かる鑑識眼です。自分自身をレベルアップさせ知識を得ることが一番大切です。いくら専門知識を有していても、真贋が分かっても、商売として成り立たなければそれは役立つ資格にはなり得ません。いくら高額な美術品を手に入れてもそれを販売できなければただの在庫です。
確かに資格はいくらでも持っておくに越したことはありませんが、取得するために時間を費やすようでしたらまずは市場価値をはかれる目利きを鍛える方が重要でしょう。

おすすめ古物商許可関連リンク

業界No.1のエキスパートが最短の申請をフォローします

古物商 資格